賃貸物件情報はまずネットで収集

国内最大級物件情報!賃貸情報サイトHOME'S賃貸


 結婚が決まったことをきっかけにアパート探しを始めるカップルが多いと思います。知り合いに不動産屋がいれば気軽に相談できますが、そうでない人はまずはネットで情報を得るのがおすすめです。

 ある程度の目星がついたら実際に物件付近に行ってみて騒音がないかだけは最低限抑えておきたいものです。

 実際に部屋の中を下見するときはメジャーや方位磁石などを持っていきましょう。部屋中の窓を開けてちゃんと風が通るかもチェックしましょう。

 部屋の間取りをどれぐらいにするかでまず迷いますが最低2DK、できれば2LDKや3DKがおすすめです。二人でいる間は2DKで十分ですが後々お子さんが産まれることを考えると少し余裕を持った間取りの物件を探しましょう。






posted by 引き出物人気調査隊相場探索課課長 | Comment(0) | 結婚式前後にすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


自動車が不要になったら

 結婚する二人が二人とも自動車を持っているという状況は現在ではごくごく当たり前になりました。結婚を機会に自動車が1台余ってしまうこともよくあると思います。駐車場2台付きのマイホームをお持ちの方ならともかく、賃貸アパート・マンションにお住まいになる場合は2台分の駐車場代はかなり負担です。

 かと言って近所の中古車屋さんに駆け込んで買い叩かれても損するだけです。インターネットで一括査定をしたことがあるのですが査定額の高い業者と安い業者とで10万円単位の差が出ました。

 私が一括査定を行った会社は楽天オート、ガリバーインターナショナル、ウェブクルーです。楽天オートは楽天ポイントを貯めている方であれば成約時に3,000ポイント(3,000円分)のポイントがもらえます。

 大切に乗ってきた車だからこそ高く買い取りしてもらいたいですよね。









posted by 引き出物人気調査隊相場探索課課長 | Comment(0) | 結婚式前後にすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


引越しは見積もりをして交渉

 <<引越しを格安に!!!>>一括無料引越見積り依頼が可能〜【比較.com】

 
 結婚をきっかけに引越しをされる方がほとんどだと思います。そして引越し費用をできるだけ抑えたいと思う方はほぼ100%と言っていいでしょう。

 引越し費用を安くする方法は諸説いろいろありますがここでは2点だけ紹介したいと思います。

 まず1つ目は必ず複数の会社の見積もりを取ることです。これを相見積もり、通称あいみつといいます。相見積もりをするときに最初に見積もりを取った業者に対しても他社では○○円と見積もりを出されたと数字を示して相手の出方を待ちましょう。こちらから示す金額はふっかけてもOKです。嘘をついてまで安くしたくないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが結婚前後にかかる費用は他にもたくさんありますし、結婚後の生活でも何かと交渉をしながらの買い物をする機会があると思います。電話での交渉よりも業者が自宅に訪問してからの交渉のほうが業者側が契約にこぎつけたい意識が強いのでこちらの値切り交渉にも応じやすいと思います。

 2つ目は混載便を利用することです。混載便とはトラックの空いてるスペースを利用して、他の家の引越しの荷物と一緒に乗せる方法のことです。複数のお客さんの荷物をまとめて運ぶので、必然的に料金が抑えることができます。混載便では引越し先に荷物を届ける日にちが指定できない場合が多いと思います。新生活を始めるにあたってどうしてもこの日に届かないとダメという状況はあまりないと思います。混載便が利用できそうなら費用を節約するために是非検討してみてください。

 以上、かんたんではありますがこの2点を頭に入れて引越し業者と交渉してみてください。交渉時は必ずあいみつということを相手に伝え、見積もりした当日には契約をしないと相手にハッキリということです。業者側は何としても当日に契約を取りたいのでかなり頑張ってくれます。 交渉時はちょっとイヤな客を演じることも必要になります。交渉によっては1万円〜2万円も最初の提示金額より値切ることも可能です。
値切って浮いたお金を新生活の他の準備にまわしましょう!



posted by 引き出物人気調査隊相場探索課課長 | Comment(0) | 結婚式前後にすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017/04/27 20:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。